三代の女で仲良く樹木葬に

三代の女で仲良く樹木葬に

私の母は高齢でいろいろと病気を抱え、先行きに不安を感じているようです。皆見ているオススメサイト→名古屋 永代供養に来てね。
「リビングウイル」と言うのでしょうか、「延命治療は止めてほしい」「葬儀は家族葬で」など、ノートに書き付けていましたが、「墓」についてもこだわりを見せるようになりました。
母は父とは仲が良いのですが、初老になるまで姑と同居して、いわゆる「嫁いびり」で大変苦しんだと聞いています。姑だけでなく、未婚や出戻りの小姑たちも同居したりしていたので、いっそう辛かったことでしょう。

 

そんな母だから、「お父さん(夫)はともかく、あの人たちと一緒のお墓には入りたくない」と訴えるのも無理はないのです。

 

我が家は本家なので、新たに夫婦と子供の墓を持つのではなく、先祖代々の墓に入ることになります。それはどうしても嫌だと言うので、父も困っています。

 

ところで私は、離婚して独り身ですので、親と一緒の墓でもいいのでしょうが、自分だけで今はやりの「樹木葬」にしたいと思っています。子供は女の子なので、後を弔ってもらうのも難しいし、そういう墓地で永代供養してもらおうと。

 

すると母は、「私もそこに入れて」と言いだしました。それを聞きつけた私の娘は、「結婚する気はないから、私もそこにお邪魔させて」と……。どうやら親子孫、女ばかり三人で、永代供養をしてもらうことになりそうです。