式場についてのあれこれ

実務能力より資格の有無が境目に

悩み無用!!⇒大田区 税理士←←ここ。
税金の専門かとしての資格である税理士資格ですが、私の親せきがこちらを持った人と結婚し、悠悠自適に暮らしているそうです。
つまり、収入が良く、また自営業と言う事もあって時間の調整も自分次第と言う事なのでしょう。
この様な生活を送っている人たちを見ると自分も税理士になりたいと思う人が現れても当たり前でしょう。
私の知り合いのお子さんは税務署勤務なのですが、こちらは何年か勤務すると自動的に税理士の資格を得るそうです。
またもう一人の知り合いの方は長年税理士事務所に勤務しており、その結果実務能力はとても高いのですが、残念ながら資格は有しておりません。
事務所の所長も年なので長年勤務した知り合いに自分の事務所を譲りたいとの事で、早く資格を取ってほしい様です。
しかし、知り合いも年を重ねるにつれて新しい事を覚えるのが苦手になって来ており、中々資格試験に合格とはいかないとの事です。
実務能力があっても弁理士としては独り立ちできず、資格はあっても試験に合格したばかりの新人なので当てには出来ないと言う人が弁理士としてやっていけると言うのは、能力のある方よりも能力のない方を重用すると言う事なので正直おかしな事ではあります。
でも、少なくとも現状、世の中その様に出来ていますので仕方がないのかも知れません。