式場についてのあれこれ

再生医療を使った歯周病治療

STAP細胞やiPS細胞で注目を浴び、国も開発に力を入れている再生医療ですが、歯科領域についても再生医療が応用されようとしています。詳しく調べたい→横浜市西区 歯科にアクセス!
歯がぐらつくほど歯槽骨が壊れ、手術が必要となるほどの歯周病では、歯周組織の再生術を同時に行ったりします。
歯がこれから作られる状態である歯胚の細胞から出される蛋白質であるエナメルマトリクス蛋白質が歯のエナメル質の形成やセメント質の形成を促します。
歯の手術をした後は、歯周組織や歯根膜等の細胞が増殖をスタートさせ再生していきますが、歯肉の上皮細胞の増殖スピードが一番早く、他の組織の再生を邪魔してしまうために、歯槽骨の再生を促して、歯のぐらつきをなくしていきます。

 

現在の再生医療は、若い豚の歯周組織のもとになる歯胚から作られた薬を利用していますが、将来的に向けて人間の細胞を利用した再生医療の臨床研究が進められている段階となってきています。

 

歯周組織を作りだす幹細胞の採取は骨髄細胞、歯根膜細胞、骨膜細胞などがあり、将来的にこうした細胞を幹細胞として利用した歯科の再生医療が進んでいくことが期待されています。