地産地消が叫ばれますが…

地産地消が叫ばれますが…

その地域で採れた農作物などをその地で消費する、地産地消が叫ばれています。
迷ったらメール便にお知らせください。
とても良い取り組みですね。安心安全ですし、農作物などは新鮮で身体にも良さそうです。
よく知らない場合は販促品物流へ連絡をしてみてみましょう。
積極的に取り入れようと、近所の農家さんの作物を購入しています。
よくわからない場合はキャンペーン物流で申込み下さい。
しかし、物流がこれだけ発達していると、さほど変わり映えがしない感じもするのです。
こちらのノベルティ物流を試してみませんか?
首都圏であれば、千葉や埼玉、茨城から新鮮な野菜が毎日届きます。安さが売りのスーパーなどは客数が多い事もあり、野菜などの回転率が速く、次々に新鮮なものを追加しています。こうなると地産地消はどこえやら。価格勝負の世界です。大量に、また随時仕入れるためか、物流コストがかかっても安く販売しています。しかも見るからに新鮮でキレイです。夏のレタスは山梨から届いたりしていますが、昨日収穫したばかりのような新鮮さ。水分や小さなムシなんかも付いていたりして、それはそれで新鮮さを感じます。地産地消を推奨する意図は、別の意味がありそうですが、物流が発達しているこの時代には、やはり価格で選んでしまう傾向があります。
お悩みならば小物発送がお奨めです。