式場についてのあれこれ

納棺師の方に父親に化粧してもらって本当によかったと思っています

昨年父親が外出先で亡くなったので死因を特定するために警察から解剖の許可書にサインしてくれと頼まれました。母親のサインが必要ですが、気が動転していることもあり亡くなったので死因など知りたくないの一点張りで話がすすみません。
迷ったら千葉 葬儀にお知らせください。
病院以外では死因を特定できなければ死亡届がだせないというのでなんとか説得しましたが、脳梗塞の疑いもあるので切開すると聞いたときは私も反対しましたが、傷口が見立たないにするということでしたが父親は禿げていたので直ぐにわかります。
よく知らない場合は千葉 永代供養へ連絡をしてみてみましょう。
仕方ないので納得しませんが大学病院で解剖してもらいました。
よくわからない場合は千葉 写経で申込み下さい。
自宅に父親を連れて帰るとだんだん顔色も悪くなり、顔に倒れた時の傷や切開したあと、口が開き気味になってきました。
そこで葬儀屋さんに尋ねると納棺師の方に頼めばよいということになり、ここでも母親は死んだ人に化粧しても無駄だというのを無視して頼みました。30代らしい若い女性が化粧箱みたいなので訪れた時に正直なところ亡くなった人に触るのは気持ち悪くないのかと思ってしまいました。ところがしばらくして呼ばれたので父親の顔をみると化粧で見事に傷が隠れて口も閉まっていて生きている感じになり若返っていました。母親もその姿を見て納得してくれたのでよかったです。
こちらの千葉 水子供養を試してみませんか?
近所の人も訪問にきてくれましたが、顔色が良くて驚いていたので納棺師の方にはいまでも感謝しています。
お悩みならば千葉 葬儀 格安がお奨めです。